みやりかのおやすみ工房へ!

処方箋

毎週金曜夜22時、たんなん夢レディオでみゆりかが出演しているおやすみ工房が「みやりかのおやすみ工房」となるそうです。

これも今後のみやりかの活動を考えてのことだそうです。

作家、ギタリストのenu-Gさんはみやりかをひとり立ちさせる為に、今後はステージでは一切トークは絡めないとの事です。

これからはステージの進行をみやりかが一人でやって行くことになります。

その為にもおやすみ工房を「みやりかのおやすみ工房」とする事に決めたそうです。

ステージの進行をみやりかが一人で進める。

これは当たり前たと思います。

しかし簡単な事では無いとも思います。

みやりかの楽曲のテーマになっているみやりかの性格。

臆病で自ら前に進む事を拒む自分の存在。

それに苦しんでいるみやりかは私も何となく分かります。

実はこのブログのサポートもそうです。

みやりかの発信力を手伝う為にサポートしています。

そしてenu-Gさんが最も考えていることは、みやりかの輪郭をもっとハッキリさせることだそうです。

enu-Gさんはみやりかの楽曲提供、ギタリストとして全面的にサポートしています。

その事がみやりかの存在感を邪魔してしまっていると言っている。

本来はみやりかのステージの上には居ない方がもっと楽曲に対しての想像力が生まれると。

enu-Gさんは曲を作ったが、それは全てみやりかが書かせた曲だから、作家の存在を消してみやりかの曲だという事をもっと色濃いくしたいので、出来ることならステージの上に居ない方がいいと言っている。

出来たら若いギタリストがサポートしてくれたらと言っている。

この辺り、とても核心をついていると思います。

しかし今すぐに出来る事ではないです。

これから時間を重ねて理想の形にしたいとの事です。

その時間を重ねる。

それの一つが「みやりかのおやすみ工房」になるそうです。

enu-Gさんでしか伝えられない事を番組でみやりかに伝えていくそうです。

どんなおやすみ工房になるのか?

これからのおやすみ工房が楽しみです!

倉本

コメント

タイトルとURLをコピーしました